2010/07/03

おまつり



























いつもより

すこしだけど

うれしい

おとだけが

あしたからの

たよりで

まわりから

きこえて

じぶんでも

みえるのは

さらだの

からだが

しゃきっと

おとが

どこかから

みちがえた

えがおで

てをふっても

いいかい

たずねて

みたのは

いっしゅんが

つづけと

ねがった

きおくに

いてくれた

よろこびを

なんども

なんども

なんども

なんでも

いいよ

また

やっと

やっぱり

それでも

だからは

だけどで

こころは

じかんや

きせつを

めぐった

しょうこが

においに

なって

ひびいて

みえた

ほんとうのこと

たくさんの

はいった

ほんとうのこと

みたいに

ちょっとだけ

ありがとうを

かくしたのは

いまが

おまつりの

まえと

うしろの

けはいに

にてるから